米自動車大手クライスラーが、現在開発中である次世代電気自動車の3車種のプロトタイプ(試作品)を報道陣に公開したようです。この次世代電気自動車は、2010年までには3車種のうち1車種を発売したいということらしいです。次世代電気自動車かぁ、次世代というからにはかなり凄いことになってるんでしょうね。米自動車大手クライスラーが公開したのは、「クライスラー・タウンアンドカントリー」ミニバン、「ジープ・ラングラー」SUVの電気自動車、および「ダッジ」ブランドのスポーツカーのプラグインハイブリッドのプロトタイプの3車種です。しかし結構前倒しで、プロトタイプを発表したのは、やはりクライスラーは、開発途中の電気自動車を公開することによって、今のクライスラーのイメージとして根付いている、「燃費の悪い大型車」といったイメージを払拭したい考えのようですね。確かにガソリンが高騰しているなかで、こんなイメージの自動車メーカーと思われたらたまったもんじゃありませんね。また、2010年には、ゼネラル・モーターズ(GM)からも電気自動車の「シボレー・ボルト」が発売予定になっている。
クライスラーが公開した3車種のうちで、「ダッジ」ブランドのスポーツカーは、プラグイン・ハイブリッドという外部コンセントから電力をバッテリーに充電できるタイプのハイブリッド車なんだそうで、現在ロータス・カーズと共同で開発中のようです。停止状態から5秒以内に時速60マイル(時速97キロ)までの急加速が可能ということで、これは今の電気自動車じゃー考えられないですよね。一回の充電では、200マイル走行可能なんだそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000086-reu-bus_all

最新機種を格安で購入するなら!【ダイワンテレコム】
ブログネタ
気になるニュース3 に参加中!