麻生太郎首相が、米国が北朝鮮へのテロ支援国家指定解除に踏み切ったことについたことについて、「核問題が動かない状況を置いておくよりは、きちんとやった方がいい。一つの方法だ」とコメントを残し、テロ支援国家指定解除については、一定の理解を示したようです。北朝鮮といえば、日本での一番の話題はなんといっても拉致問題でしょう。この拉致問題への影響については「(指定解除で解決への)てこを失ったことは全くない」ともコメントしています。さて、この一定理解のコメントがまた波乱を巻き起こす事になるのかどうか。
北朝鮮の核申告検証問題で、米朝が北のテロ支援国家指定解除に進む可能性が今浮上しているようですね。厳正な検証が保証されないままで、テロ支援国家指定を解除することは、日本側としては容認すべきではないような気もするのでしょうが、そこんところは麻生太郎首相の考えとしてはどうなんだろうか?
核施設の立ち入り査察に北朝鮮の同意が条件とされていたりとか、北が申告を拒んでいるというウラン濃縮や核拡散行為が検証の対象から除外されていたりしたことが、無視されているのではないか?そう思いますが、どうなんですかね。

驚異のスーパートレードシステム
管理栄養士が健康と栄養を考えて創ったダイエット食品
ブログネタ
気になったニュース に参加中!