パソコン(PC)に関しての資格は、最近ではインターネットの普及などと共に増えている傾向にあります。また、パソコン関連資格の需要に関しても同様に増えてきています。今では、情報系の企業だけでなく、一般の企業で事務を務めるにも必須となる資格も多くなってきています。
パソコンの資格としては、代表的なものに通称P検と呼ばれるパソコン検定というものがあります。この資格はPCを取り囲む業界での標準的な試験として位置づけられているようです。パソコンに関しての知識、技術など幅広い分野での問いが多く、就職や転職などに有利に働きますし、企業側からすればその人のスキルを判断する材料にもなるわけです。
その他にも、システムアドミニストレータ試験(シスアド)、ソフトウェア技術者などの情報技術者には必須ともいえる資格もあります。これらの資格はパソコンだけでなく、パソコンに関連する周辺の知識、技術を問うものになっており、上級、初級などの分類わけがされている資格でもあります。
これらのパソコンに関する資格は一部であり、CAD、CAMなどに関するもの、国家資格、ベンダー認定資格など、多種にわたりパソコン関連資格があります。この中から自分に必要な資格を見極めて、適正なパソコン資格を取ることが必要です。
ブログネタ
資格を取得 に参加中!